巨大デリシャストマトの初結実



こんにちは。PAPA KUNIです。

旺盛な葉に隠れて発見が遅れてしまったが、巨大デリシャストマトは既に結実をはじめていた。



ぷっくりとしたかわいらしい実が膨らみ始めている。

形はまん丸ではなく、少しぷっくりとしてすでに宣伝の写真で見たような風体を示し始めているような気がする。


巨大デリシャストマトの初結実

巨大デリシャストマトという名前は、勝手に宣伝文句から推察してつけた名前だ。

恐らくエアルームHeirloomということで、伝統的に作り続けられてきた特徴的なトマトである。通称的な意味合いでジャイアントデリシャストマトGiant Delicious Tomatoという名前を使っていたのだと思う。そこで、巨大デリシャストマトと便宜的に日本語の命名をしてみた。

名前からして巨大な実をつけるという想像ができるが、結実した実も既にその片鱗を見せているようだ。もしくは、形だけかもしれない。

花芽の数は多く、観察用プランター以外の避難用プランターの株も少し小さい株だが花芽を付け始めている。いずれも株自体は茎もしっかりとしており、健康に育っているように見受けられる。長い支柱を立てて株を誘導し支えている。

観察用プランターの株はすでに支柱の背丈に達しようとしているが花芽が付き始めた高さを考えるともう少し伸ばしても良いのではないかと思うようになった。避難用プランターのものはそれと比べると低めの位置で花芽がつき始めているので支柱の高さくらいで管理できるかもしれない。

いずれにせよ、様子を見ながら進めたいと思う。





コメントを残す