細長い葉のパパイヤベニテング



こんにちは。PAPA KUNIです。

パパイヤベニテングの葉は、サンライズに比べると長く大きいような気がする。



パパイヤベニテングもパパイヤサンライズも昨年沖縄に行ったときに偶然購入したものだった。その日偶然発見した店に立ち寄った目当ては石垣珊瑚だった。

石垣珊瑚の苗は購入して持って帰ってきたが冬を越すことができなかった。管理が悪かったとしか言いようがない。いずれもう少し管理が行き届く環境になったらもう一度チャレンジしてみたい。

その延長線上で、この2種を育てている。サンライズはハワイ産の人気の品種で小さいフットボールのような形をしている。ベニテングは大きく細長い品種だ。


細長いベニテングの葉

葉の形も実の形の特徴を表しているような気がする。そういえば石垣珊瑚の葉もどことなく石垣珊瑚の実の形に似ていたような気がする。いや、気のせいかもしれない。

恐らく今年も冬を越すことはないと思うが、夏の間にどれだけ成長してくれるかには期待感を持っている。もし、順調すぎる成長を見せてくれたならば、頑張って室内に持ち込んでみてもいいかと妄想を膨らませている。

雨と気温に当たり、両者ともに株が少し大きくなってきたのでもう少し様子を見てから少し大きめの鉢に移してあげようかどうかと思案している。





コメントを残す