クレイグオニオンの発芽



こんにちは。PAPA KUNIです。

クレイグオニオンが発芽した。その外見から子葉といっていいのかわからないが、子葉といえば子葉である。よく発芽でイメージする双葉ではない。緑の細い芽がにょろりと地上に顔を出した感じだ。



発芽までの期間は種を蒔いてから10日ほどだった。


クレイグオニオンの芽

トマトやズッキーニが勢いよく発芽したのに比べ、この種大丈夫かと思うくらいのスロースタートだった。芽の様子は、大変頼りなく、本当にあの写真のような大きな玉ねぎができるのか、これにも少し疑義の念が浮かぶ。

玉ねぎを育てること自体初めてなので、こんなものなのかなと思いながら生育を見守りたいと思う。





コメントを残す